FC2ブログ

花とインコ

ベランダガーデニングとインコたちの日々の記録(*^_^*)

旅立ちました


1月23日火曜日の午後

コザクラインコのくーちゃんが虹の橋へ旅立っていきました

14歳10ヶ月、人間で言えば90歳以上なのでしょうか


半年くらい前からあまり飛び回らなくなり

年取ったなという感じでした

去年11月に入って急に寒くなり出したころから

ケージの外へはあまり出てこなくなり

あんなにカキカキ大好きだったのですが

触られたくないようでした

23日も朝はちゃんと食べてお水も飲んでいて

午後から覗いた時もちゃんとこちらを見てくれました

でも、夕方5時頃見たときは残念ながら息絶えていました



年齢からして覚悟はしていましたが

15年近くのたくさんの思いでは数え切れないくらいあり

我が家の歴史の中にしっかりと存在してくれていたのだと思うと

ひとつひとつ思い出してはウルウルしています



181-23-0 




ここからは思い出の一部を書いていきます


くーちゃんとの出会いはペットショップでした

スタッフの方に「あの黄色い仔見せてもらえますか?」

水槽の中ではコザクラやボタンの仔たちがたくさんいました

スタッフの人が透明なフタを少しずらして手を入れると

1羽すごい勢いで飛び出してきて杜タマのところまで来ました

杜タマが見せてもらいたかった仔ではなく

薄い黄色の仔でした

黄色い仔も見せてもらい悩みましたが

この飛び出して来た仔、杜タマ家に来ると決めて

飛び出してきたような気がして連れて帰ることにしました

運命の出会いがあるとしたらこういうことなのかなあ?

と勝手に思っています

そしてそこでもう1羽一番おとなしくしていたももちゃんも

いっしょに家の仔になりました


181-23-1 



我が家にやって来たくーちゃんはとても慣れていて元気で

物怖じせず明るい性格でした

杜タマはそのころコザクラの♂♀の行動やしぐさも詳しくなく

元気良くももちゃんの上に乗るようになった

くーちゃんは男の仔だと思っていました

しかしある日卵を産んだのはくーちゃんでした

ももちゃんはその頃まだ男の仔か女の仔かよく解りませんでしたが

巣箱を入れてみたらいっしょに入っていくようになりました



181-23-2 



その後可愛いヒナが生まれくーちゃんはお母さんに

ももちゃんはお父さんになりました


181-23-3 



子育て後のくーちゃんはとても穏やかになり

ガブガブ噛まなくなり甘噛みが上手になりました




くーちゃんの種類はたぶんアメリカンシナモンオリーブかな?

と思うのですが未だによく解らないのです

詳しい方いらしたら教えて下さい

181-23-4 





いつでも仲良しくーちゃんとももちゃん

飼育下では温度、食べ物に不自由しないせいか

いっしょのケージだと年がら年中発情してしまうので

ふだんは1羽1ケージ、放鳥時は自由に遊んでいましたが

発情行動が見られたときは可愛そうでしたが離れてもらいました

野生環境だと発情は年に1〜2回だそうです

181-23-5 






やはり女の仔は巣材集めが性(さが)のようで

しょっちゅう紙切れ製造をしていました

上手に4〜6㎝くらいに刻んで腰に差し込みますが

ケージ(巣)に運ぶまでに大部分がポロポロ落ちてしまいます

野生でもこんなに落っことすのでしょうか??

それともくーちゃんが不器用なのでしょうか?

181-23-6 




置いてあったひとり用のテント、

ふたりで入ろうか相談しているようでしたが

ちょっと狭いのですぐにあきらめました

181-23-7 




やはり女の仔は箱や潜れる場所があると

本領発揮で誰も近寄らせませんでした

うっかり手を出そうものなら杜タマにも怒ってきます

181-23-8 




しかし、何と言ってもこれです!

手に乗ったり包むように抱っこすると何の抵抗もしません

いつのころかニギコロ、

ヘソはないけどヘソ天インコが出来るようになりました

手の中でおとなしくできる仔は練習次第で

ニギコロが出来る可能性があることを教えてくれました

181-23-9 







くーちゃんより

「あたちは天国へ引っ越したけどみんなのことを忘れず見てるからね!」

181-23-10 


最後までお付き合い下さり

ありがとうございます











今日もご訪問  ありがとうございます

お帰りのさいは応援ポチ!をよろしくね!
        
 にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

杜のタマゴさんへ

こんばんは!

くーちゃん!虹の橋へと旅立っていったんですね!
14歳10ヶ月とは、長寿をまっとうされたのでしょうね!

ところで、くーちゃんは積極的な女の子で、男の子っぽい性格だったんですね!ももちゃんと結ばれ、子どもを誕生してからは、穏やかになったんですね!

くーちゃんとももちゃんのツーショットの写真!
いい写真ですね!
夫婦ナカヨシという感じが伝わってきますね!

そして、くーちゃんとももちゃんは実に愛し合っていたのが、写真からも伝わっています!

巣を作るために羽に紙をはさんだりもするんですね!

寂しくなりますが、きっと、ももちゃんやその子どもたち。
また、杜のタマゴさんの心の中で一生生きつづけていくと思います!そして、旅先からみんなのことを見守っていることと思います!v-519v-521

duck4 | URL | 2018-01-27(Sat)20:02 [編集]


杜タマさんへ

今、来てみてびっくりしました。
でも15年近くの長きに渡るくーちゃんの歴史は話しきれないほどあるでしょうね
たまたまくーちゃんとももちゃんは夫婦になるべき運命だった気がします。
ももちゃんは大丈夫でしょうかラブバードのお相手が逝ってしまうと後を追うことも有ると聞きます。

うちもリクが亡くなった後のミドが後を追うかと思うほど痩せて羽色まで黒く変わりもう助からないかもと思うほどでした
でも、サーヤがいてくれたお陰で助かりました
まだ生まれて10日目の我が子を置いて逝けなかったのでしょうね

ももちゃんも可愛い子供たちがそばに居てくれるから
何とか大丈夫かしら…少し心配です。

くーちゃん足が弱っていたようですし、やはり以前杜タマさんがいちごちゃんの長生きの秘訣は足が丈夫と言っていた時、
その時くーちゃんもそろそろなのかなって思いは私も有りました

まずは10年と目標を立てた時杜タマさんが次は15年と云った記憶が有ります。
くーちゃんもうすぐ手の届く所に居ましたね
でも立派です…もうくーちゃんには感謝しかありませんよね
可愛い子供たちも見せて貰い、くーちゃん自身も母としての幸せを味わい、とっても幸せな鳥生だった事でしょう
今頃、ニコニコしながらほら!杜タマさんの隣で笑っていますよ
まだ皆さんご家族の元で49日までは一緒に居るはずですから

今はまだ長い間いるのが当たり前だったくーちゃんがいない事
悲しみもいっぱいでしょうし、鳥さん達も戸惑いもあるでしょう
鳥さん達はちゃんとお別れできたのでしょうか

一番辛いのはももちゃんかも知れません
どうぞ、労わって上げて下さい。

くーちゃん幸せを沢山分けてくれてありがとう

心からご冥福をお祈り申し上げます。


おけい♪ | URL | 2018-01-27(Sat)21:33 [編集]


くーちゃんe-267e-267e-267

この様な時は、慰めの言葉を綴るのが当然の事に思いましが、なんとも言葉が出て来ません…悲しいです…
正直、前々回のテントのお話しの時のくーちゃんの姿を見てなんだか心配でなりませんでした。
杜たまさんのお話しを聞くと、くーちゃんはこの世に生を持ち杜たまさんの所に導かれ、使命を終えて生を全うしたと思います、とても良きことと思いますが 長く生きた分思い出や生きた証がたくさんあって…杜たまさんの心思うと私まで悲しくてたまりません。
杜たまさんくーちゃんは初め命の尊さを学びました、とかくペットの飼育は飼い主の自己満足になりがですが、気ずきや教えられることがたくさんです。

くーちゃんが自身の命を全うできたのは、杜たまさんの愛情の全てと受け取り
、今後も杜たまさんそして杜たまさんが愛することりさん達を見習って行きます。

本当に寒い寒い日が続きます、杜たまさんの心と体の健康をお祈り致します。

ピポ | URL | 2018-01-27(Sat)22:16 [編集]


Re: duck4さんへ

> 杜のタマゴさんへ
>
> こんばんは!

こんにちは!
ご訪問&コメントをありがとうございます。


> くーちゃん!虹の橋へと旅立っていったんですね!
> 14歳10ヶ月とは、長寿をまっとうされたのでしょうね!

そうなんです。
いつかはお別れの時が来るのですね!
15歳近くだったので大往生だったと思います。


> ところで、くーちゃんは積極的な女の子で、男の子っぽい性格だったんですね!
> ももちゃんと結ばれ、子どもを誕生してからは、穏やかになったんですね!

くーちゃんは最初元気良くて暴れん坊で本気噛みもしょっちゅうでした。
子育てしてますますきかん坊になると思いきや穏やかな仔になりました。


> くーちゃんとももちゃんのツーショットの写真!
> いい写真ですね!
> 夫婦ナカヨシという感じが伝わってきますね!

ありがとうございます。
コザクラインコがラブバードとも呼ばれているのは
こんな仲の良さからなのでしょうね。


> そして、くーちゃんとももちゃんは実に愛し合っていたのが、
> 写真からも伝わっています!

ケンカもよくしましたが、といっても怒るのは
いつもくーちゃんのヒステリーでした。
ももちゃんはビックリしながらも耐えていました。


> 巣を作るために羽に紙をはさんだりもするんですね!

野生だったら枯れ葉や木の皮といったものを集めるのでしょうね!


> 寂しくなりますが、きっと、ももちゃんやその子どもたち。
> また、杜のタマゴさんの心の中で一生生きつづけていくと思います!
> そして、旅先からみんなのことを見守っていることと思います!v-519v-521

はい、そうですね。
くーちゃんはみんなのおかあちゃんだったので引っ越した天国から
みんなを見守ってくれていることと思います。


杜のタマゴ | URL | 2018-01-28(Sun)11:51 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-01-28(Sun)12:23 [編集]


Re: 杜タマさんへ

おけいさんへ
ご訪問&コメントをありがとうございます。


> 今、来てみてびっくりしました。

ゴメンなさいね、具合が悪いのに驚かしてしまいましたね!!


> でも15年近くの長きに渡るくーちゃんの歴史は話しきれないほどあるでしょうね
> たまたまくーちゃんとももちゃんは夫婦になるべき運命だった気がします。

そうですね。くーちゃんは杜タマを選び、杜タマがももちゃんを選んだときに夫婦になる運命が決まったのでしょうね!


> ももちゃんは大丈夫でしょうかラブバードのお相手が逝ってしまうと後を追うことも有ると聞きます。

ご心配いただきありがとうございます。
杜タマも以前経験があるのですが、今のももちゃんの場合ほぼ大丈夫だと思います。
寂しがり屋のももちゃんは去年から息子めろんちゃんとひとつのケージで暮らしてうまくいっています。


> うちもリクが亡くなった後のミドが後を追うかと思うほど痩せて羽色まで黒く変わりもう助からないかもと思うほどでした
> でも、サーヤがいてくれたお陰で助かりました
> まだ生まれて10日目の我が子を置いて逝けなかったのでしょうね

ミドちゃん、どんなにか辛かったことでしょうね。
でもおけいさんの機転で子育て頑張ってくれて良かったです。


> ももちゃんも可愛い子供たちがそばに居てくれるから
> 何とか大丈夫かしら…少し心配です。

ありがとうございます。
今のところ変わった様子はないですがもう1週間ぐらいよく様子を見ようと思っています。


> くーちゃん足が弱っていたようですし、やはり以前杜タマさんがいちごちゃんの長生きの秘訣は足が丈夫と言っていた時、
> その時くーちゃんもそろそろなのかなって思いは私も有りました

心配して下さっていたのですね、ありがとうございます。
病気やケガがないのに飛ばなくなったり食がほそくなったり、
おとなしくなったりしたら年齢からして残念ながら
お迎えが近いのかなと思います。


> まずは10年と目標を立てた時杜タマさんが次は15年と云った記憶が有ります。
> くーちゃんもうすぐ手の届く所に居ましたね
> でも立派です…もうくーちゃんには感謝しかありませんよね
> 可愛い子供たちも見せて貰い、くーちゃん自身も母としての幸せを味わい、とっても幸せな鳥生だった事でしょう
> 今頃、ニコニコしながらほら!杜タマさんの隣で笑っていますよ
> まだ皆さんご家族の元で49日までは一緒に居るはずですから

そうです、10歳まで元気だったら15歳を目指して欲しいですね。
ほぼ15歳まで頑張ってくれました。
可愛い子供たちも見せてくれたし感謝・感謝です!!
みんなのおかあちゃんだったくーちゃん、明るくて元気で
我が家を見守ってくれていると思います。


> 今はまだ長い間いるのが当たり前だったくーちゃんがいない事
> 悲しみもいっぱいでしょうし、鳥さん達も戸惑いもあるでしょう
> 鳥さん達はちゃんとお別れできたのでしょうか

亡骸には全然関心を示しませんでした。
うちの仔たち、きっと息絶えるときにお別れしていたと思います。
5年前にももちゃんくーちゃんの息子ぷりんちゃんが
夜中に逝ってしまうときコザクラたちが大鳴きしたことがありました。
見えない力が働くのだなあと思います。


> 一番辛いのはももちゃんかも知れません
> どうぞ、労わって上げて下さい。

しばらくよく様子を見て声がけしていきます。


> くーちゃん幸せを沢山分けてくれてありがとう
>
> 心からご冥福をお祈り申し上げます。

いつも優しいおけいさん、くーちゃんも喜んでいます。
おけいさんもお身体大切にして下さいネ。


杜のタマゴ | URL | 2018-01-28(Sun)12:32 [編集]


Re: ピポママさんへ

> くーちゃんe-267e-267e-267
>
> この様な時は、慰めの言葉を綴るのが当然の事に思いましが、
> なんとも言葉が出て来ません…悲しいです…

いつも優しく接して下さってありがとうございます。
ピポママさんの大気持ちは心の奥まで伝わってきています。


> 正直、前々回のテントのお話しの時のくーちゃんの姿を見て
> なんだか心配でなりませんでした。

そう、もう秒読み段階だったのです。
それでもけっこう元気にしていたので春になるころまでかなと思っていました。
みんなには元気に見せていたのですね。


> 杜たまさんのお話しを聞くと、くーちゃんはこの世に生を持ち
> 杜たまさんの所に導かれ、使命を終えて生を全うしたと思います、
> とても良きことと思いますが 長く生きた分思い出や生きた証が
> たくさんあって…杜たまさんの心思うと私まで悲しくてたまりません。
> 杜たまさんくーちゃんは初め命の尊さを学びました、
> とかくペットの飼育は飼い主の自己満足になりがですが、
> 気ずきや教えられることがたくさんです。

ピポママさんのおっしゃるとおり命を預かる飼い主の責任は大きいですね。
あの大きな震災の時暖房のない部屋で耐えてくれたり
いろいろのことがあっても我が家は鳥がいるからと
ペット優先の生活ですがインコたちに癒されていたり、
飼ったことのない人には出来ない体験をもたらしてくれます。
自己満足、大いに賛成です!!


> くーちゃんが自身の命を全うできたのは、杜たまさんの愛情の全てと受け取り
> 、今後も杜たまさんそして杜たまさんが愛することりさん達を見習って行きます。

ありがとうございます。
でも、ピポママさんはピポママさんで可愛いピポちゃんを
いっぱい可愛がってあげて下さいネ!

>
> 本当に寒い寒い日が続きます、杜たまさんの心と体の健康をお祈り致します。

本当に寒い日が続いています、ピポママさんも体調管理お気をつけてお過ごし下さい。


杜のタマゴ | URL | 2018-01-28(Sun)15:14 [編集]


杜タマ さま

くーちゃんが、旅立たれたこと、とても驚いています。

くーちゃんの瞳はいつも愛に溢れていますね。
くーちゃんのお写真から、今世 どれほど幸せだったか、杜タマさんへの感謝の思いが伝わってきます。

くーちゃんの御霊が 大いなる光に包まれて幸せでありますよう
心からお祈りしています

今年は、とても寒さが厳しいですね。
どうか、インコさんも杜タマさんもご自愛くださいませ。

こすも | URL | 2018-01-28(Sun)20:12 [編集]


初めてコメントさせていただきます。4年くらい前からブログ訪問させていただいてました。杜タマさんのブログで初めてコザクラインコという可愛いインコがいるのを知りました。ラブラブなくーちゃんとももちゃん、可愛いめろんちゃん、れもんちゃん、まろんちゃん、ぷりんちゃん、素敵なコザクラ一家。過去の記事も沢山読ませていただきました。私もコザクラインコを飼ってみたい、そう思うようになり、2年前から現在2羽のコザクラインコを飼っております。
立派なお母さんだったくーちゃん、お手手が大好きで甘えたさんだったのでしょうか、ももちゃんと仲良しで。綺麗なクリーム色が印象的でした。

うちの子、黄色のゴールデンチェリーなのですが、杜タマさんの真似してレモンと名付けました。名前だけではなく、くーちゃんのようにお手手でカキカキニギコロさせてくれるよう、頑張って育てています。

くーちゃん、大往生ですね。14歳、すごいですね。杜タマさんのおうちで、沢山の家族と長い間楽しく幸せに過ごせて、とても幸せだったと思います。

コザクラインコの魅力を沢山伝えてくれたくーちゃん、杜タマさん、ありがとうございました。

くーちゃんのご冥福を心からお祈りしております。

hiyorin | URL | 2018-01-28(Sun)20:36 [編集]


Re: こすもさんへ

> 杜タマ さま
>
> くーちゃんが、旅立たれたこと、とても驚いています。

ご訪問&コメントをありがとうございます。
弱ってきていたので覚悟はしていましたが
我が家でもショックでした。


> くーちゃんの瞳はいつも愛に溢れていますね。
> くーちゃんのお写真から、今世 どれほど幸せだったか、杜タマさんへの感謝の思いが伝わってきます。

お優しいお言葉をありがとうございます。
こすもさんの優しいお気持ちが杜タマの心に響き渡っています。


> くーちゃんの御霊が 大いなる光に包まれて幸せでありますよう
> 心からお祈りしています

ありがとうございます。
こすもさんのお祈りはくーちゃんにしっかり届いていることと思います。


> 今年は、とても寒さが厳しいですね。
> どうか、インコさんも杜タマさんもご自愛くださいませ。

本当に寒い日が多い今年の冬ですね。
体調崩さないよう気をつけてまいります。
こすもさんもお元気でお過ごし下さいネ。


杜のタマゴ | URL | 2018-01-29(Mon)14:25 [編集]


Re: hiyorinさんへ

> 初めてコメントさせていただきます。

ご訪問&コメントをありがとうございます。


> 4年くらい前からブログ訪問させていただいてました。
> 杜タマさんのブログで初めてコザクラインコという
> 可愛いインコがいるのを知りました。
> ラブラブなくーちゃんとももちゃん、可愛いめろんちゃん、
> れもんちゃん、まろんちゃん、ぷりんちゃん、素敵なコザクラ一家。
> 過去の記事も沢山読ませていただきました。
> 私もコザクラインコを飼ってみたい、そう思うようになり、
> 2年前から現在2羽のコザクラインコを飼っております。

そうだったのですか。コザクラファンが増えたのですね、
とても嬉しいご報告をありがとうございます。


> 立派なお母さんだったくーちゃん、お手手が大好きで
> 甘えたさんだったのでしょうか、ももちゃんと仲良しで。
> 綺麗なクリーム色が印象的でした。

くーちゃんはとても賢い仔(親バカでスミマセン)で
放鳥するとほかの仔たちには強気で女王様でしたが
ひとたび手に乗ってしまうとコロンと脱力してしまい
どこを触っても怒りませんでした。


> うちの子、黄色のゴールデンチェリーなのですが、
> 杜タマさんの真似してレモンと名付けました。
> 名前だけではなく、くーちゃんのようにお手手で
> カキカキニギコロさせてくれるよう、頑張って育てています。

レモンちゃん、ニギコロが出来るようになるといいですね。
焦らず、最初は手で包んでも嫌がらないようになれば
ニギコロも近いですが嫌がったらすぐ放してあげて下さい。
くーちゃんも最初から出来たのではなく何年もかかって
出来るようになりました。


> くーちゃん、大往生ですね。14歳、すごいですね。
> 杜タマさんのおうちで、沢山の家族と長い間
> 楽しく幸せに過ごせて、とても幸せだったと思います。

ありがとうございます。
14歳10ヶ月、おっしゃるとおり大往生だと思います。
たくさんの思い出を残してくれました。
そして杜タマ家を幸せで包んでくれました。


> コザクラインコの魅力を沢山伝えてくれたくーちゃん、
> 杜タマさん、ありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。
今後ともどうかよろしくお願いいたします。


> くーちゃんのご冥福を心からお祈りしております。

hiyorinさんのお気持ちをくーちゃんに伝えておきます。


杜のタマゴ | URL | 2018-01-29(Mon)15:03 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-01-29(Mon)22:22 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-02-02(Fri)16:05 [編集]