花とインコ

ベランダガーデニングとインコたちの日々の記録(*^_^*)

3.11あれから4年

 
1年ぶりに3.11東日本大震災関連の記事です

前回までの震災記事は

カテゴリ「3.11東日本大震災」にあります



盛岡から遊びに来ていた友人Aさんは

震災から4日目にご主人が車で長時間かけて

迎えに来て帰って行き、無事帰宅できたと

連絡があったのは夜遅くなってからでした

彼女が帰って後、夫ちゃんから

Aさんが帰って安心したのか杜タマの表情がガラッと

変わったと言われました

意識していませんでしたが彼女がいる間は

気を張っていたようです

その晩はそれまでよりは眠れたのを覚えています



次の日は5日目は携帯電話を充電させてくれる

お店があると同じ階の人に聞いていたので

歩いて20分、行ってみました

充電を待ちながら同じように充電しに来た人たちと

いろいろ情報交換が出来、無料で和菓子を

配っているお店があるというので

充電90%で切り上げ行ってみました

以前買い物したことのあるお店で

プロパンガス、水は止まらなかったので

材料があるだけですが、おこわやあんこ餅を

作って配っていました

本当に無料で良いのですか、と聞くと

いつもお世話になっているから困った時はお互い様

そう言いながら温かいあんこ餅をパックに詰め

手渡して下さいました

感謝、感謝でありがたくいただいて帰りました



お昼過ぎにわが家に着くと電気が使えるようになっていました

水道も夕方には使えるようになり

ガスはまだでしたが、電気ポットとカセットコンロで

お湯を沸かし5日間の垢を洗い流しました

夜、電気が付くって、なんて明るいのでしょう!

普段のあたりまえの生活のありがたさをひしひしと感じました



次の日6日目、点検後エレベーターも

使えるようになり、14階までの階段上り降りから

やっと解放されました!!

台所も割れた食器など片付け、食器棚は

壊れなかったいくつかの皿、器、マグカップを

入れてもガラ空き、冷蔵庫の中もほぼカラッポ

買い置きもしなくちゃ心理が働き

食べ物を買いに長蛇の列に長時間並びましたが

1回で体調崩し、もうこりごり・・・

大きなスーパーやお店は、店の中から品物を出してきて

店頭販売しているところが多く混み合っていました

でも、ちょっと路地裏にある小さな八百屋さんなどは

並んでいる人もいなくて思わぬ物があったりしました



1週間後になると仙台市内の電話が

何とか通じるようになり友人知人お互いの

安否確認の電話やり取りが増えました

連絡がなかなかつかなかった遠くの友人は

津波の映像を何回も見て杜タマも流されたのではと

やっと通じた電話の向こうで涙声でした



余震もかなり頻繁に大きいのがあるのですが

本震のあの揺れとあの長さを体験したせいか

恐いけど恐くない!?!

物も倒れない落ちないようにしてあったので

本当は恐いのにへんてこりんな気合いで

乗り切った感じでした



今、4年目になると3.11の後に

買い置いた非常食などは賞味期限切れ

上手に食べて買い足さねばと思います

3.11以前は非常時の備えは3〜4日分

と考えていましたが、今回の経験で

家族プラス1〜2名、1週間分が必要と思いました

それとインコの食べ物は普段1ヶ月分を

切らないように買い置きするようになりました

当初、店頭販売では人間用の食べ物が優先で

ペット用は普段買えるスーパーなどでも聞いてみると

店内がゴチャゴチャで危険で取り出せない

と何件かで断られました

普段はインターネット通販で買っているのですが

停電、流通混乱を考えるとネットが1週間後に使えても

宅配に制限が出て手元に届くのに時間がかかります

大事な家族を飢えさせることは出来ないので

震災後は近所のスーパー、ホームセンターなどに

どんな種類の餌があるかチェックもするようになりました

あとは非常時のことを考えて

ペレット、シード、いろいろ食べられる仔に

育てるのがベストかなと思います 



 仲良し兄弟  れもんちゃん&めろんちゃん

インコたちは震災後の余震も

怖がることもなく元気に遊んでいました

153121 



買い置きであって良かったのは

ペットボトルの水2L−12本、

反射式ストーブ、カセットコンロ、電気ポット

あったほうが良いと思ったものは

携帯トイレかその代わりに使う

大きな黒いビニール袋とペットシーツ

または吸水性の高い大人用のおしめなど

断水で水を流せないトイレは大問題です!




今日はここまでで終わりにします

長々読んでいただきありがとうございます

また何か思い出したら書きますね



そうそう、昨日3.11

東日本大震災をいっしょに過ごした

Aさんから電話があり

あの時は〜、などたくさんおしゃべりしました

震災を共有したせいか親友以上の

つながりというか絆を感じます





今日もご訪問  ありがとうございます

お帰りのさいは応援ポチ!をよろしくね!
        
 にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ 

PageTop

3.11あれから3年その3


今日の記事は3月14日に書いた

2011年3月11日の東日本大震災の

杜のタマゴの体験記・感想記の続きです

この3年忘れないうちに

書き留めておきたいと思ったことです

読む人によってはショックな表現も

あるかと思われますので

ショックを受けやすいと思われる方は

スルーして下さい



前回は大震災の次の日の様子を書きました

盛岡から遊びに来ていて帰れなくなった

Aさんと私は散乱した物を片付けたり

彼女は知り合いの安否確認と

この周辺のお店などの様子を見に出かけました



家の中のものは、元どおりに

片付けたものもありますが、

大きな余震でまた倒れる心配も

ありましたので大部分は、寄せて積んで並べて

という感じでした

停電で掃除機が使えないので

割れた食器の細かいかけらは

インコたちのケージ周りのお掃除に

使っていた100均で買った小さな

「ホウキ付きちり取り」これはとても役に立ちました



夕方になってAさんが野菜やおにぎりを

たくさん持って戻ってきました

八百屋さんがあるものだけと言って

売っていたそうです



前日と同じように暗くなる前に

反射式ストーブにヤカンをのせ

お湯を沸かし、食べ物の用意をして

Aさんと二人で食べました

夫ちゃんは夜7時ころ帰宅

灯油も限りがあるので

ストーブは食事の時だけつけ

その他の時の寒さ対策は着れるものを

着れるだけ着ていました





夜、Aさんが、実はお願いがあると言いだしました

彼女は1ヶ月半くらい前まで

体調を崩していて、震災の前に

もう旅行しても大丈夫と医者から

OKが出たので盛岡からわが家に

遊びに来たのでした


体調が戻って、おめでとうと

祝っていたところ被災したのでした

「ちょっと具合が悪くなってきたみたい、

これ以上ひどくなったら病院へつれて行ってね」

というお願いでした

次の日、夫ちゃんの仕事は休みだったので

買い物などは夫ちゃんの役割になり

Aさんは外へ出かけず家で静かに

していることになりました

といっても家の中も静かに休める

スペースが無く片付けを手伝っていました

地震のストレス、不安や寒さが身体の

弱っているところに出たのでしょうね




夕方になると、やはり病院に行くことになりました

最初は彼女が仙台にいたときに通っていた

病院に行ったのですが

停電と設備の問題で今通ってきている

患者さんだけ診るので手一杯

と言われ、日赤病院へ行くように言われました

もう暗くなっていて、街灯も信号も

家々の明かりもない真っ暗な道を走りました

日赤病院は街中ではなく市内ですが

少し離れた住宅街の端っこにあり

あまりの暗さに本当に着くのかな?

と思いながら運転していました

病院に着くとロビーには簡易ベッドや医療機器

待合スペースには体調を崩した人や

付き添いの家族、たくさんの人がいて

自家発電で明かりはついているのですが

暖房は入っていませんでした

彼女はトリアージのカードを首から提げ

順番を待っていると、それほど時間もかからず

呼ばれ看護師さんと診察室であろう部屋に

入っていきました



待っている間、ロビーにあるテレビで

初めて震災当日の津波の映像を何回も映していて

あまりの凄さに、釘付けになって見ていました

そうしているうちに杜タマも寒さと

ろくに食べていないせいか下っ腹が痛い

だんだん痛くなってきて身体をまっすぐに

出来ないくらいになって〜〜「どうしよう・・・

私までどうにかなっちゃうのかしら」(←心の声)

事情を話して毛布を借りたのですが

「え〜〜、何これ、冷たい!」(これも心の声)

たぶん、その毛布を置いてあった場所は暖房が

止まっていたから外と同じ温度だったのです

どうしようかと思ったのですが

その毛布をかぶっていると

少しずつ暖かくなり腹痛も和らぎました



しばらくすると彼女が戻ってきて

わが家へと帰りました



しばらく安静にしていたのですが

やはり具合悪い状態は変わらず

ますます酷くなっているというので

日赤病院に電話したところ

それ以上は処置できないので

市立病院に行くようにとのことでした

市立病院は周りの道路もぼこぼこで

院内も陥没しているところがあったりで

救急の窓口に行くまでケガしないよう

歩いた覚えがあります

市立病院の救急外来は日赤病院以上に

ごった返していて座る場所もないくらいの

人でいっぱいでした

杜タマは、またテレビの映像に釘付けで

家で聞いていたラジオのテレビ音声が

本当だったのだと驚きの納得をしました



今度こそは大丈夫とAさん

本来なら1泊か2泊する状態

しかしながらこの緊急事態で

ベッドが無く廊下の簡易ベッドで

寝かされている人もいる



わが家に戻ったのは12時半ころ

次の日になっていました


本当はこの日、彼女のご主人が

向かえに来る予定だったのですが

ご主人も東京出張中帰りの新幹線の中で

地震に遭い車中泊、次の日はホテル

そして3日目に東京の会社の方が

ガソリンを積んで、運転してきたのですが

ご主人を拾ったあとみんなの携帯電話が

充電切れで連絡が取れず、わが家には寄らずに

真っ直ぐに盛岡に帰ってしまったのでした



次の日、Aさんのご主人は

私たちが必要であろうものや

ほんのり暖かいとんかつ弁当を

たくさん持って来て下さいました

このときのとんかつ弁当の美味しかった

ことは忘れられません

ふだん美味しいものを当たり前に

食べていますが、このときは

この世にこんなに美味しいものが

あったんだ!と感動しました

ありがたいことで、ただただ感謝、感謝でした



あとから知ったことですが

このころ体育館などに避難した

沿岸部の人たちは、全然食べ物が

無かったり、あっても一日に

イチゴ一粒とか、おにぎり半分ことか

私たちはこんなに大変な思いをした

人たちのことを忘れては行けないと思います



わが家の近くにも仮設住宅があります

近くを通るたびに、ここでそれぞれの人が

どんな思いをかかえて暮らしているのかと

思うと心が痛くなります



まだまだ復興にはほど遠く

国、県、市町村は時間をかけずに

動いて欲しいです

被災者と直接接するボランティアも

もっともっと必要です

いろいろなNPOや団体があるので

みなさん、被災地へ来てみませんか?





今日はこのへんで

たぶん、後日もう1回か2回震災についての

記事を書きます



ここまで読んで下さり

ありがとうございます

お帰りのさいは応援ポチ!をよろしくね!
        
 にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ 

PageTop

3.11あれから3年その2

 
今日の記事は3月11日に書いた

2011年3月11日の東日本大震災の


杜のタマゴの体験・感想記の続きです

この3年忘れないうちに

書き留めておきたいと思っていたことです

見る人によってはショッキングな言葉や写真も

含まれますのでショックを受けやすいと

思われる方はスルーしください





前回は本震当日のこと

夜、夫ちゃんが帰ってきたところまで書きました



後からラジオで聞いたのですが

あの本震は震源地がどんどん増えて

6分以上揺れていたそうです

どおりで長いと思いました

大きな地震5〜6回分でしたね!



盛岡から遊びに来て帰れなくなったAさん

夫ちゃん、私の3人は余震の続く中

12日土曜日の朝を迎えました

反射ストーブの上にヤカンを置きお湯を沸かし

食器はほとんど割れてしまったので

使っていなかった食器を箱から出して

器にラップをしき、その上に食べ物を

のせて食べました

食べ物は前日の午前中にどういう訳か

いつもより多めに買っていたので助かりました

断水で洗うことが出来ないので食べ終わった後

汚れたラップをはずして捨て

また食べるとき食器にラップをしいて使いました



公共交通機関が全部ストップしていたので

車で夫ちゃんを職場まで送ったのですが

信号は全部停電で機能していなかったです

ノロノロ運転、道路の陥没をよけて走ったり

段差が出来ていたりスピードが出せない状況でした

歩道には建物から壊れて落ちてきたガラスや

タイルが散乱していたり、歩道と建物や

道路と歩道の境目がずれてしまっていたり

街が壊れてしまっていました

夫ちゃんを送り届け

帰り道、何カ所かのガソリンスタンドには

10台〜20台の車が給油待ちしていました

それを見て並んでガソリンを入れて

帰ろうかと思ったのですが

この後、あのガソリン不足があんなに長く

続くとは思いもよらず、こんなに並ぶのでは

まだ半分(ガソリンメータは真ん中)入っているし

後にしょうと考えそのまま帰ってしまいました





さて、あらためて家の中を見ると

この時期、たくさんリビングルームに

置いていた鉢植えは無残にもみんな

ひっくり返りドロドロの泥まみれでした

ビニールシートの上は汚れても

あとでキレイに掃除できますが

カーペットの方に倒れたのはどうしようもなく

水が使えるようになってから拭いても

元のようにはならず後に買い換えました



ベランダを見ると、やはり鉢植えは

落ちて割れたり、転がったり・・・

水やりも出来ず、だいぶダメにしました

震災の前年夏のベランダ

143141 

震災の年、次の年は手がかけられず

生き残った鉢植えだけで本当に寂しいベランダでした






2台あったパソコンも机の上から

転げ落ちていましたが、幸い壊れてはいませんでした

でも、落下防止策はしておくべきですね

テレビは震災の前年に液晶に買い換え

たまたま落下防止策をしていたので無事でした

壊れてしまったのはテレビの横にあった

コンポステレオ、アンプが先に落ち

その上にスピーカーが落ちたようで

アンプがグンニャリ凹んでいました



 作り付けの戸棚から中にあった物が

見事に全部飛び出しました

トビラが勢いよく空いたせいで

取っ手が壁にぶつかりボッコリ穴

(右カレンダーの下あたり)が空きました

143142
 







この日は給水車が近くに来ていて
Aさんが

もらいに行ってくれました

その後、Aさんはわが家の近くに住んでいる

ご年配の知り合いが心配で安否確認と

この辺の店などの状況を見にに出かけました





今日はここまでにしておきますね

最後まで読んで下さってありがとうございます

わが家で起きたことを忘れないうちに

書き留めています

これを読んで下さった方が

大地震の備えをするとき、起こりえることは

みなさんそれぞれ違うと思いますが

少しでも参考にしていただけたらと思っています





今日もご訪問 
 ありがとうございます

お帰りのさいは応援ポチ!をよろしくね!
        
 にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ 

PageTop

3.11あれから3年


今日の記事は2011年3月11日の東日本大震災の

杜のタマゴの体験・感想記で、この3年忘れないうちに

書き留めておきたいと思っていたことです

見る人によってはショッキングな言葉や写真も

含まれますのでショックを受けやすいと

思われる方はスルーしください





震災以後、会う人会う人にはこうだった、ああだったと

話しはしていたのですが、この3年、震災のせいかどうか

解りませんが体調崩したりが何回かあり

文章にする気にはなれず、このブログも気にしつつ

ほぼ2年間ストップしてしまいました



震災当日はお昼過ぎに盛岡から

友人Aさんが遊びに来ていました

ふたりでお菓子を食べハーブティーを飲みながら

おしゃべりしていて午後2時46分、揺れ始め、

最初は震度3くらいかな?

でもAさんにとっては14階の揺れは

震度4〜5くらいに感じたようでした

わが家は免震構造ではなく耐震構造なので

上になればなるほど揺れが大きくなるのです

それにしても長いので玄関のほうへ行ったほうが良いと思い

かたまっているAさんの手を引き部屋の出入り口まで来たとき

ものすごい揺れになりそのまま動けなくなりました

部屋の出入り口で両手を突っ張り

二人向き合い悲鳴上げながら耐え抜きました

揺れている間の「ゴ〜〜!ギシギシ〜〜!」

地鳴りのような音に混じって

家の中のものが倒れる音、食器が割れる音、

揺れがおさまって何を一番先にしたかは忘れましたが

お互いケガのないことを確認し合いました

部屋の出入り口で身体を支えられなかったら

シェーカーの中の氷状態で頭や体を

あっちこっちにぶつけケガをしていたと思います

それと夜寝ているときだったらと思うとゾッとしますね



玄関の近くに2部屋あり、その一部屋にいたので

先ずリビングルームに行き、インコたちの

無事かどうかを確認しました

スチールラックごと50〜60センチくらい

斜めに移動していましたがケージは一つも

落下していなかったのでホッとしたのを覚えています

今朝の写真、震災当時と同じ場所です

143113 




リビングルームにも割れた食器のかけらが

あっちこっちに見えたのでスニーカーの

底の汚れを拭き家の中で履きました


台所、食器棚は上の方にタオルなど軽いものしか

入れていなかったせいか食器などは飛び出しましたが

倒れてはいませんでした

流し台の引き出し、トビラも開き、中にあったものが

散乱して最初は膝丈くらいまで落ちたものがありました

これは落ちたものを少しかき出した次の日の写真です

143111 

当然のごとくの停電、回復したとき危ないので

ブレイカーOFFにして、水は出るか?ガスは大丈夫か?

ライフライン全部ダメ!!もちろんエレベーターも!



次にラジオ、いえ、もしかしたらラジオが最初だったかも

電池を入れ替えスイッチを入れても

ザーザーガーガー、いつもの放送局が聞けませんでした

どこか聞けるところがないか端から端まで

ダイヤルを回すと、音声が入ってきました

ラジオ放送ではなくテレビの音声でした

しきりに津波警報を流していました



ここまで揺れがおさまって10分位だったと思います

夫ちゃんは地震直後携帯で電話したそうですが繋がらなく

「大丈夫か?」一言だけのメールが届きました

すぐに簡単にわが家の状況を返信しましたが

夫ちゃんには届かなかったのでした



私たちがいた部屋はすべての家具が倒れ

その一番下にAさんのバックがあり

そこから彼女の携帯電話の呼び出し音が

ビービー鳴り響いていました



 私たちがいたとなりの部屋です

高さ180センチの本棚がイスの背もたれに

引っかかって中途半端に倒れています

143112 



Aさんは盛岡在住ですが、心配したお友だちや

知り合いから問い合わせ電話やメールが届いていたのでした

それで先ずこの部屋から、Aさんの携帯電話を

取り出すために片付け始めました

揺れたとき本棚からは先に本が落ちその上に本棚が

乗っかっていて、余震でまたということも頭をよぎり

背の高い本棚を寝かせておこうかどうしようかと

思いましたが物が散乱しすぎてスペースもないので

とりあえず立てておき、本や物は下の段2段くらいに

突っ込み、入りきらない物は積み上げておくことにしました

この部屋を片付けている間にも普段だったら

怖いと思うくらい大きな余震が何回もありましたが

本震のものすごい揺れがあったばかりなので

恐怖より何とかしなくちゃと言う思いで

「また揺れている!」くらいにしか感じなかったのでした

ふと窓の外を見ると雪が吹雪いていました



Aさんは携帯電話を取り出し最初はていねいに

応対していたのですが、すぐに充電できる状況ではないので

残りの電池量が心配になりマナーモードにしたようでした

彼女のご主人は転勤族なので全国にお友だちがいて

連絡してきていたのです

充電はわが家に来る前に100%にして来たそうです




さて、隣近所はと思い、同じ階の他の家を訪ねたら

外にいて慌てて帰ってきたBさん、

Bさんが訪ねたとき一人でいてパニックになって

泣いていたというCさん

Bさんとはお互いに無い物を物々交換しました

他のお家の方はしばらく職場や避難所に

いたそうです



さてこの部屋の片付けは彼女にまかせ

杜タマは暗くなる前にやっておくことを考えました

先ず食べ物を台所の一番奥にある冷蔵庫から出し

箱やビニール袋に入れ北側のベランダに置きました

水はさいわいペットボトル2箱2Lが12本ありました

あとは来る来ると言われていた宮城県沖地震に備えて

10年くらい前に買っておき時々使っていた

カセットコンロと反射式ストーブを出してきました

ローソク、マッチ、ありったけの防寒具

布団や毛布、常備薬、ホッカイロ等

車のガソリンはメーター半分、灯油18L×2

インコたちの餌1週間はOK

そのとき杜タマの携帯電話のバッテリーは50%

心配していろいろな方が連絡下さったのですが

バッテリの残量を考えると返信も出来ず

返信しないでいると再度連絡が入ったり

短い文章で何人かには無事を知らせましたが

あっという間に充電切れになりました




ラジオから流れてくる津波の警報

若林荒浜地区で遺体が200〜300〜〜見えている

だったら何で助けないの?とこのときは思いました

この状況を何回も伝えていました。

津波の高さも今まで聞いたことのない

5メートルとか10メートルとか

海沿いの☆◯◇町は壊滅状態???

しかも1カ所や2カ所ではなく多くの場所で〜〜

理解が出来ずに聞いていました

東側の窓からは大きな火の手が上がっていて

夜になるとかなり離れているのですが

さらに大きく近く見えるので怖かったです

そこにいた人たちはどうしているのだろうか??

火事は2カ所見え、仙台港と閖上で

1週間くらい燃え続けていました



夕方暗くなる前に残っていたゴハンでおにぎりを作り

インスタント味噌汁で食べましたが気持ちが高ぶっているのか

食べると言うよりは押し込んだという感じでした

Aさんのご主人は東京出張帰りの新幹線の中で被災、車中泊




rousoku 
 借り物です



暗くなり、割れたどんぶりをロウソク立てにして

火をともし、二人でボーッと眺めていました

停電が何日も続くなんて

暗いと片付けも何にも出来ないってことが分かりました

当たり前に使っていた電気、ありがたいことです





夜9時すぎに夫ちゃんが職場から2時間以上

歩いてやっと帰ってきました

街中は停電で真っ暗、公共交通機関は

すべてストップしていたので仙台でも歩いて

帰宅する人たちがいっぱいいたのでした

あり合わせを食べ、明日も一応職場に行くと言って

散乱している物をかき分け布団を敷き

横になり、やがていびきが聞こえてきました

歩き疲れたのでしょうけれどこんな時でも

すぐに眠れる夫ちゃんにAさんと二人で感心していました





夫ちゃんが無事帰ってきて安心したのか

Aさんと私も力が抜け横になったのですが

頭はパキパキにさえていてぜんぜん眠れなかったです

3人とも横になったと言っても

服着たまま、さらにジャンパーなども着ていました










地震当日のことで、こんなにいっぱい書いてしまいました

震災数日後のこと、街中の様子、Aさんが帰るまでなど

わが家でもいろいろあったので書くつもりでしたが

後日続きを書きますので今日はここまでにします






ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます

いつものようにお帰りのさいは応援ポチ!をよろしくね!


 にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ 

PageTop

!!!東日本大震災!!!


ご心配かけましたm(__)m

無事です



私も家族もインコたちも 無事です!

14階建ての14階

ものすごく揺れました

今、後片付け中

余震が怖いので

散乱した物を寄せてあるだけです

やっと少しは眠れるようになりましたが

大変疲れています

パソコンも今日やっと繫いだところです





後日、詳しくアップしますので

励ましの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ




拍手もよろしく

PageTop